|全体注意事項


”車輌に関する事”


各所ワイヤリング等行う

①エンジン②ミッション③プライマリーのオイルドレーンボルト(タンク及びケースの外にボルトの頭が出ないテ―パボルトタイプは必要なし。)
④オイルフィラーキャップ(ワイヤリング不可な場合はテーピングでOK)外付けタイプオイルフィルター(ホースバンド+ワイヤリングで固定)
⑤前後アクスル固定部(割りピンやリテーナリング等の回り止めでもOK)
⑥前後ブレーキキャリパー固定部(ドラムブレーキはアクスルの緩み止めでOK)

アンリミテッドクラスとプロストリートクラスは全項目必須
それ以外のクラスはオイルフィラーキャップ、オイルドレーン、は必須、その他項目は行うことが望ましい。

車体各部にオイル及びガソリンの漏れやにじみがないこと
クランクケースブリーザーが大気解放の車輌は金属製のオイルキャッチタンクを取り付けること
手足が巻き込まれないにように2次ドライブチェーン/ベルトガードを装着する事
ウイリーバー、リジットバー、ロングスイングアーム(車体の形状を著しく変えるはものは除く)は安全装置とみなし、全クラスで装着OKとする
すべてのクラスで燃料はガソリンに限る
すべてのクラスで燃料添加剤の使用OKとする
排気量の記述においてストックサイズピストンの.040”オーバーサイズまでを許容範囲とする
指定のゼッケンナンバーを車輌前方及び左右側面に貼り付けること(A4程度の大きさが望ましい)
灯火類(ヘッドライト、テールライト、ウインカー)は飛散防止のためにテーピングすること
ミラーは取り外すこと
双方同意の下「車検証上他人名義の車輌での出走」を認める
1台の車輌で複数クラスへの出走は不可
1台の車輌で複数の選手の出走は不可
1選手が異なる車輌で複数クラスへの出走はOK
レーサー以外のストリート走行にふさわしい外観を備えているが登録/車検が無い車輌は、その仕様に合ったクラスで走行する事(審査あり要問合せ)
違反行為が発覚した場合、その日のレース出走の停止。その日の獲得ポイントの無効。また、同席者、同行者も同じ処分とする。

”装備に関する事”

全クラス共通
フルフェイス、革ツナギもしくは上下革のもの、革グローブ、レーシンググローブ、くるぶしが隠れるハイカットのレーシングシューズまたはブーツを装着。

※装備の規定があるコースは、コース規定を優先しそれに従う事。

シーズン前の変更・追加、シーズン中の追加がある場合はこちらでお知らせします。